脱毛の回数は何回?サロンと美容外科の違いについて

脱毛をやろうと迷っている時、何よりも

「どのくらいの回数で済むのか?」という点が気になります。

これはサロンと美容外科によって大きく異なります。

筆者の体験、また、周りで通った経験のある女性、そしてWEB上の口コミなどの答えを平均的にまとめると、

「美容外科は同部位を6回ではキレイになる」

「脱毛サロンは12回以上はかかる」

といった声などが挙げられます。

脱毛サロンと美容外科の比較表

項目 脱毛サロン 美容外科
脱毛回数 12回以上 6回程度
料金 ■部位脱毛
100円から数万円
■全身脱毛

年間10万円前後
■部位脱毛
10,000円程度
■全身脱毛

50万前後から100万程度
痛み ほとんどなし ゴムを弾く。人によって、または部位によっては我慢できない痛み。

比較表の補足…

脱毛サロンでは「ワキ」「ワキ+Vライン」などが無期限・回数無制限で脱毛ができるサロンもあります。全身脱毛においても、月額10,000前後では脱毛が可能となっています。つまり、これまでなら考えられないほど、かなりの低料金で脱毛ができます。

美容外科では、キャンペーン時に「ワキ」のみ回数無制限で脱毛が可能な美容外科もあります。金額は1万程度ですが、その他の部位がかなり高めになります。年々安くなってきてはいますが、医療機関のため、ワキ以外はどうしても高額となります。

※キャンペーンは随時異なりますので、ここにピックアップしている金額も異なる場合があります


サロンと美容外科の大きな違い

ポイントごとに書き出すと、

以下の通りとなります。

脱毛サロンと美容外科の違い

脱毛サロン 美容外科
●低料金●全国的に店舗が多い。自宅から近い場所に通いやすい。

●国家資格なしで施術ができる(サロンごとに研修を受けたエステティシャンには独自の資格が発行されている)

●光脱毛(IPL、SSCなどのフラッシュ脱毛)

●出力が弱い分、継続が必要だが肌へのダメージが少ない。適度な刺激で肌のひきしめ効果があり、美容効果も期待できる。

●効果を実感するまで期間を要する

●施術時間が短くて済む(早いサロンだと全身が1時間程度)。全身を手軽に脱毛するのには向いている

●医療機関と提携しているサロンも多く、肌トラブルの際はすみやかに対応してくれる

●減毛の効果あり(個人差による)

●高額●全国的に美容外科が少ない(クリニック、皮膚科などの機関も含める)

●医療機関。国家資格を受けた医者が施術。

●レーザー脱毛(出力が高い)

●出力が高く効果も見込める分、肌トラブルも懸念される

●施術時間は光脱毛と比べて長い。そのためピンポイントには向いているが、広範囲の脱毛には不向き

●肌トラブルが起きた場合、即座に対処可能

●減毛またはそれ以上の効果あり(個人差による)

そのほか補足…

脱毛エステサロンの中でも、電気脱毛を取り扱うサロンがあります。代表的なのはエステティックTBC(終わりのある脱毛プラン)ですが、電気は脱毛の中でも最も効果が高く、永久脱毛とされるほどの効果を発揮します。ちなみに、最後の脱毛が完了してから発毛率が20%以下の場合に永久脱毛と定義されます。

電気は即効性が高く、人によっては3回程度では永久脱毛の効果を得られる場合(毛周期の状況にもよる)もあります。その痛みと料金(レーザーよりも高い)から、施術を受ける人は圧倒的に少ないのが現状です。どちらにしても、永久脱毛効果のある電気を取り扱っているエステティックTBCは違法か?という事になりますが、現時点では特に取り締まられることもなく営業しています。

これは考え方にもよりますが、不安ならサロンで行っている電気は避けて、安いから試してみたいという人は今のうちかもしれません。今後、サロンでは一切電気脱毛ができなくなる時代がくるかもしれません。ただしレーザー以上の痛みは覚悟しておいた方が良いです。

脱毛サロンに通うペースについて

「脱毛サロンに申し込んだのに、思った以上に行けなくて損した…」という話を良く聞きます。たしかに脱毛プランによっては行けないことが損になることもありますよね。そうなると考えなければいけないのは「サロンに通うペース」ですが、通うペースには「基準」があるんです。

・脱毛のペースには個人差がある?
脱毛のペースというのは個人差があります。特に仕事が忙しい人であれば、月額制のプランに申し込んでも逆に高くなってしまいますし、集中的に脱毛したいのに一回きりの脱毛を申し込んでしまえば、複数回割引などが適用されず損になってしまいます。
すべてのサロンで適切なプランが選べれば良いのですが、中には見にくいコース表などもあり、お得なプランが選べないこともあります。スタッフに聞くのもアリですが、中には高額プランばかり勧めてくる人もいるので注意したいところです。

・どこを脱毛したいのか?
まず一番重要なのは脱毛したいパーツです。体毛はパーツごとに生え方や濃さが変わってくるので、それに脱毛ペースを合わせる必要があるんです。やはり人気なのはワキですが、最近は欧米の影響を受けてか「VIOライン」も中々人気があります。手っ取り早く全身脱毛でもいいですが、全身脱毛にはそれなりに時間がかかるので、ある程度予定を空けておいたほうが安心して脱毛できます。全身脱毛は1~2時間はかかります。

・毛周期を考える
体毛には「毛周期」と呼ばれるサイクルがあります。簡単に言ってしまえば1本1本が独立した成長サイクルを持っているんです。毛周期には皮膚の下に隠れている「退行期・休止期」と呼ばれるタイミングがあり、このときには脱毛の効果がなく、体毛の3分の2はこの状態です。基本的に脱毛は体毛の黒色に反応するレーザーやフラッシュで脱毛するため、見えない体毛には効果がありません。こればっかりはどこのサロンに行っても同じですから、一度にすべて脱毛するのは諦めましょう。

・パーツ別の毛周期
毛周期は1本1本が独立して持っているサイクル、と説明しましたが、パーツによって大体の毛周期が決まっているため、その毛周期に合わせて脱毛施術を受けることで効率良く脱毛できます。つまり理論上は「表面に出ているのは3分の1、つまり最短3回で全部抜ける」ということです。実際には3回で脱毛しきることは不可能ですが、イメージ的にはこんな感じです。

■2ヵ月ペース
眉毛、まつげ、あご

■4ヵ月ペース
髪、ワキ、Vライン

■3~6ヵ月ペース
手と足

・サロンや美容外科の毛周期について…
サロンや美容外科で脱毛を申し込むと、2ヵ月~3ヶ月おきの脱毛を勧められることが多いです。しかし「2~3ヶ月おきの脱毛が一番効果的」というわけではないんです。そのため「脱毛するなら2~3ヶ月おきがオススメですよ!」とひたすらに言ってくるサロンや美容外科には注意して下さい。回転率だけを重視していたり、方針が雑という可能性があります。良心的なところなら、もっと慎重に、しっかり理由を説明しながら提案をしてくれるかと思います。ただし、同じところでも人が違えば提案が異なっていたり、サロンや美容外科によっても大きくことなります。その点は実際に会って、信用できるかどうかも含めて判断しましょう。

・結局、通うペースはどのくらい?
毛周期について色々解説させてもらいましたが、最終的には「自分のペース」で通えば良いだけです。伸びてくるのが気になるのであれば、1ヵ月に1回脱毛するべきですし(美容外科では間隔が決まっている場合も多いです)、少しでも安く抑えたいのであればもっとも効果的なタイミングで(自分の毛周期に合わせて)脱毛するだけです。頻繁に通ってもたまにしか通わなくても、一度施術した部分にはそれなりに効果があるので、そこまで神経質にならなくでも大丈夫です。また、下手に勧められたプランや間隔で脱毛すると、「こんなはずじゃなかった…」と後悔する原因にもなりますから、スタッフの言葉を鵜呑みにしてしまうのも考え物です。脱毛しすぎて高くなってしまっても(サロンの回数無制限なら心配なし)、脱毛しなさすぎて気になってしまっても、損をするのは自分なのでよく考えましょう。どちらにしても、まずは自分が通いたいところを決めて、サロンなら無料カウンセリング、美容外科などの医療機関なら相談するなどして、様子を見ながら申し込むのがオススメです。

通うペースについての補足…

サロンでは2~3ヶ月、コースによっては頻繁に通えるコースもあります。サロンは出力が低く、肌への負担が少なくて、逆にほどよい刺激で肌の引き締め効果も得られます。サロンに関してはご自身のペースで問題ないかと思います。しかし美容外科となると、出力の高さからくる肌トラブルリスク、そして1回1回に料金がかかるコースがほとんどのため、回数を多くしても効果的に脱毛できず、料金だけがかかる可能性があります。どちらにしても美容外科などの医療機関では、最低でも2ヶ月以上は空けて施術するところがほとんどです。


 

総合的におすすめなのは?

ここで総合的におすすめできるのが脱毛サロン。初めから美容外科などに通ってもOKですが、肌への負担、料金面を考えるとリスクがあります。肌トラブルにすぐに対応してくれる点はよいですが、サロンの光脱毛ではそもそも肌トラブルが起きるような出力ができない法律があります。そのため、まず脱毛サロンで無料カウンセリングを受け、光脱毛で問題ないかを体験し、そこからもっと脱毛効果を高めたいという場合に美容外科等も検討して良いかと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ